工事担当者が必要な資格とは?

工事というと重機や作業服を着た作業員を思い浮かべる人は多いです。工事現場では働く人それぞれに役割がありますが、電気工事の現場では現場を統括し責任をおう人を工事担当者といいます。工事担当者は特定の試験に合格をしなければなりませんが、7種類もの種類があるほか各資格にはランクもあるため難易度はそれぞれ違います。受験資格がある者しか受けられない資格ではなく誰でも受験することが可能であり、学歴や年齢なども一切関係ありません。AI種は第3種から第1種まであり、DD種も第3種から第1種まであります。このほかにもAI・DD総合種というこれらの試験の中で最も難易度が高い試験もあるのです。この難易度が高い資格を持っていると、どのような仕事ができるのか気になりますよね。ひと言でいえばAI種とDD種の両方を所持しているため、全ての工事ができるようになります。

扱うことができる工事の種類とは?

具体的にAI種とDD種にはどのような違いがあるのかというと、AI種ではアナログ回線やデジタル信号によるISDN回線に関わる仕事が主であるのに対し、DD種はアナログ回線を利用したインターネットのための回線であるADSL回線を扱う上で必要な資格であるといえます。それぞれには第3種から第1種があり1種になるほど難易度は高くなるのです。どちらも同じような種類を扱うようにみえますが、全く異なるものであり受けもつことのできる工事範囲も違います。多くの受験者が働きながら勉強をして試験に挑みますが、どれだけ時間を割いて勉強できるのか、集中力や効率的な学習方法などが大きな課題であるといえます。

中古の建機のオークションは、世界中がターゲットで日本製に人気が集まっています。日本で使用された建機はメンテナンスが施されているため、保証付きで販売されることもあります。

Similar Posts