どんな業種のフランチャイズを行うか検討する

フランチャイズには、飲食店、学習塾、ハウスクリーニング、コンビニなど、さまざまな業種があります。業種によって売上や顧客層、事業のまわし方などが全く異なります。まず、自分はどのような業種のフランチャイズを始めたいのか考えてみましょう。なお、各業種の中でさらにフランチャイズの種類が複数あるので、資料を取り寄せたり直接連絡して話を聞いたりしながら、どのフランチャイズと契約するのか検討してみてください。

事業の拠点となる物件を探す

フランチャイズの店舗や事務所をどこに置くかは非常に重要です。物件の状態や立地などは、売上を大きく左右する要素の1つ。物件選びをしくじってしまうと、後々事業に響く可能性があります。どこのフランチャイズと契約するか決まったら、適した物件も探しましょう。良い物件は人気が高いので、のんびりしているとすぐになくなります。

具体的な事業計画を立てる

事業を実際始める前に、具体的な事業計画を立てましょう。どのような経費がかかるのか、売上はどのくらい見込めるのか、開業してから1年後、2年後、3年後と長いスパンで考えてみてください。細かく計画を立てることで、より現実的な事業の中身が見えやすくなります。

必要な資金を調達する

事業を始めるには先立つものが必要です。どのような業種のフランチャイズでも、全くの資金0から始めるのはまず不可能だと考えてください。開業資金を用意するには、自分で貯める、借りるなどの方法があります。中でも多くの人が利用しているのが金融機関からの融資です。必要書類を揃えて申し込み、審査をクリアすれば事業に必要な資金を貸してもらえます。

さまざまなフランチャイズ募集がありますが、費用をそれほどかけたくない場合は、飲食関連で移動式の販売カーがおすすめです。

Similar Posts