スピーディーに完成へ近づけやすい

CAD導入を行うメリットとしては、手作業で行わなければならない図面よりもはるかにスピーディーに業務を遂行できるからです。図面をデータとして共有できるため、ほかの部署にいる人が手直しをしたり、図面に変更を加えることもできます。そのため、図面だけをやり取りしていた頃よりもはるかにスピーディーで効率よく図面を完成させることが可能です。過去に製造した製品の図面を再利用してマイナーチェンジを行うためのベースとしたり、タブレット端末で共有して現場の判断などにも利用できるように対応している企業も少なくありません。手直しをスムーズに行えること、作業が容易に行えることから、専門技術のない人でも手直ししやすいのが特徴です。

重心など製品化トラブルを回避できる

製品に関する視覚的なわかりやすさが高まるのも、CADを導入する上での利点です。3DCADソフトであれば、図面から立体図を作ることができます。そのため、完成予想図をある程度資格化することが可能です。見てどんな部分がいいといえるか、どんな部分を変化させたほうがいいのかなどを話し合うことができますし、トラブルが発生しそうだと思ったらすぐに変更できることもメリットといえるでしょう。特にメリットとして大きいのは、体積や表面積、質量だけでなく、どこに重心がかかるかはっきりすることです。重心のバランスが崩れていると、製品化したときにトラブルが発生する可能性は高いです。重心のバランスをどのように変化させれば製品化するかなどを確認し、実際に製作することができるようにします。この時の作業時間もスピーディーになっているのが特徴です。

水道CADはアップデートのサポート体制が重要です。新しい規格の対応や作業の効率化を実現してくれるのです。

Similar Posts