節約するためには日々のお手入れに気を配って

電気代節約につながるといわれており、人気が高いLEDですが、電気代がどれくらいお得となるのでしょうか。取り付ける照明機器によって多少異なりますが、最大で80パーセントから90パーセント程度電気代を節約できます。年間の電気代は数万円違うといわれているため、家計にやさしい電気機器となる可能性が高いでしょう。外の明るさによって自動的に明るさを調節する照明や、消し忘れ対策が可能な遠隔操作できるタイプと組み合わせて使うとさらにお得となります。ただ、照明器具によっては汚れてしまうとせっかくのLEDでも照明効果が薄くなるため、定期的にお手入れをしたほうがいいでしょう。汚れているカバーをつけているよりも、定期的にお手入れをしてきれいにしている照明器具のほうが節電効果も高くなるため、参考にしてください。

安全性に気を付けてLEDを使おう

LEDは長持ちして明るい大変便利な照明ですが、既存の電気機器につなげてすぐに明るくなるわけではありません。安全性に気を付けて使うことで、LEDの良さを生かすことができるため、上手に活用して明るい照明を使いましょう。電球型であれば単純に交換をするだけでLEDをそのまま使うことができますが、直線型の蛍光灯や輪になっているタイプの蛍光灯の場合は、接続するだけで火災になってしまいかねません。器具とLEDとの相性の良しあしを考えて接続することが必要です。照明器具は10年から15年に一度交換しないと、LEDだけでなく蛍光灯と交換したときにつきが悪くなったり、使っていて煙が出てしまうこともあります。内部が劣化して火災になってしまう可能性もあるため、古い機器の場合LEDに交換するなら安全のために照明器具一式を交換してください。

LEDライトパネルとは、内部にLED照明が仕込まれたポスターフレームのことで、B1やA3など様々なサイズがあります。内照式なので、暗い場所や目立たない場所でもポスターを見やすくすることができます。

Similar Posts