コンピューターを使って設計を行うシステム

建築物や機械などを設計するときに良く使われるCAD。CADとはComputer-Aided Designの略称であり、日本語ではコンピュータ支援設計とも呼ばれています。簡単にいえば、コンピューターを使って設計を行うシステムのことです。建築物や機械以外にもCADは広い分野で使用されていて、土木や電気や半導体などでも専用のソフトが存在します。

CADシステムのメリットは

CADはコンピューターでデータを管理するため、同じものを設計するときには繰り返し図形をコピーできるといったメリットがあります。また、似たような図面を作成するときにも、過去のデータを利用できるため作業の効率化がはかれるのです。さらに、計算もコンピューターが行ってくれるので、単純な寸法ミスや手計算のミスを無くすことが可能です。ところで、かつてのCADシステムは2次元の製図がメインでしたが、コンピューターの進化に伴って、製造業や建築業向けなどの3次元CADソフトウェアが開発されました。3次元CADの登場により、立体的な設計図の作成が可能となったのです。

CADシステムに関する資格とは

CADが扱えることを示すためには実務経験が必要ですが、資格を取得することである程度の知識があることは示せるでしょう。CADに関する資格は様々ですが、国家資格として機械・プラント製図技能士があります。学科試験と実技試験とに分かれていますが、実技試験の1つに機械製図CAD作業が含まれています。1級から3級までの区分がありますが、1級の方が上級資格です。また、民間試験ではCAD利用技術者試験と呼ばれるものがあります。こちらはCADオペレータに関する試験であり、筆記試験で実施されます。

電気CADにはコンピューターに関連した専門の知識と技術が必要です。そのため給料も高く、福利厚生などの待遇も充実しています。

Similar Posts